文様


文様は世界中で昔から、人間の生活に深く関わってきました。

感情・意思伝達・願望・思想・信条などの表現として人々は幸福になりたいという願望か吉祥文様を生み、

呪術的な意味合いの強い魔除け文様などを世界各地で数多く作ってきました。

それらは入れ墨、衣装の文様、権威の象徴、広告、生活道具などに使われ今でも人々の生活に深く浸透しています。

ここではそんな世界中に存在する文様・模様・シンボルなどを少しずつ紹介していきたいと思います

 

 青海波  波の流動的な形は浮き沈みの連続であり、それは人生の変転に似ている。

        大きな波動ではなく小さく平穏な繰り返しを吉祥としたのが青海波です。

        そして、人の感情の波と水の波との共通点あり、

        平穏で平和な日々の暮らしがいつまでも続きます様にという思いが込められた吉祥紋です。

 

 青海波     各地の古代文明で使われておりエジプトでは太陽が沈むと花びらを閉じる性質から、

                                復活・再生と死と繰り返しの象徴と見なし、永遠の生命を生む力を持つ花とされた。

                                仏教では、泥水の中から芽を出し、美しい花を咲かせる姿から神聖なものと考えられ、

                                知恵や解脱の象徴であるとされた。

 

 巴         巴は東洋起源とは限らず、世界各地に紀元前から現れていて、

          渦巻く形が永遠のエネルギーを表す聖なる文様である事に共通している。

                              古代日本の勾玉も巴形で、人魂の尾を引く形も巴の形。

                              その形は原初の生命を思わせ呪術的なものが込められている。

                              現代は太鼓の革にこの文様が描かれ、打ち鳴らすことで天地に通じる力を得ようとしています。

 

 麻        古代から神事に用いられ、神道では神聖な物として扱われた。

         木綿が普及するまでは麻は日本人にとって主要な繊維原料でもあり、

                              麻紋は日常品の様々なものの模様として使われた。

                             また、麻は真っすぐ伸びることから、子供の産着や下着などに多く用いられた

 

 鶴          鶴は純白の身体の色と清楚なイメージから、古くから吉祥だとされていただけでなく

         「鶴は千年、亀は万年」と長寿を意味する言葉も有ります。

                            また、鶴は生涯一夫一妻を守るので操の高い鳥として尊ばれていました。

                            そして「鶴の声を聞けば喜び事あり」の俗信があり、

                            鶴文様を付けているだけで訪問が喜ばれたそうです。