小さい頃から絵が得意で、将来の夢は画家になること。なんてことは全くなく小学生の頃にはコンプレックスになるくらい絵がへたくそでした。出来ない事を出来る様になりたいと絵の教室にも通ったけど続かず、それから高校生くらいまでは誰にも見せる事無く、絵の勉強する訳でもなく教科書の隅でひたすら
チクチク描いているうちに今の絵のスタイルになったんだと思います。

ただ、絵がうまいとか下手とか考えるもっと前、

何歳の頃かも忘れてしまいましたが、お小遣いを貯めて新しいノート、シャーペン、消しゴム、定規を買ってノートの1枚目だけに定規で引いた線を何重にも重ね合わせてロボットみたいな
絵を描いていた記憶があります。
絵を描いているというよりは、時たまやる儀式みたいもの
だった気がします。
その当時ものは何一つ残っていないので
どんな物を描いていたのかははっきり思い出せないですけど、
子供ながらに楽しさの他にちょっとした
緊張感を持って描いていた記憶があります。


0 コメント